パートナーシップのご案内コースのご案内 管理画面ログイン

利用規約

予約システム利用規約

第1条(規約)

1.本予約システムとまりん(以下単に「とまりん」と云う)は、有限会社とまりん(以下単に「当社」と云う)と御社との間における宿泊予約システムのご利用にかかるものです。
2.当社は、本約定に基づき御社の販売促進のお手伝いをする目的で、本規約に基づく義務を負うものとします。
3.当社は、別途御社の販売促進に有利に働くものと判断したときは、御社に通知して適宜変更できるものとします。

第2条(とまりんの定義)

1.予約システムとまりんとは、御社のホームページ或いは予約システムにゲームや予約者が興味をそそるものを導入してホームページの予約サイトを魅力あるものに変更し、御社のホームページから直接予約をとることを目的とするシステムです。
2.とまりんには、宿泊者から予約が入った場合は、予約者に対し、「予約確認の返信メール」、予約2日前には「予約に対する再確認メール」と宿泊後の「有難うメール」の自動配信システムも導入しております。
3.勿論、予約者から「予約のキャンセルメール」が送られたときは、「予約キャンセル受け賜りメール」も自動配信されます。

第3条(とまりんの利用及び契約の種類について)

とまりんには、3つの契約の種類がございます。
1つは御社の既存のホームページの予約システムのみを変更するものと、2つ目にホームページを一部リニューアルして予約システムを変更するものと、3つ目に新たにドメインを取得してホームページを作成してから予約システムを導入するものの3つの種類があります。

第4条(契約)

前条の契約の種類を決定され、予約システムが利用開始の準備が整い署名捺印などの契約が成立した場合を以って契約を開始するものとします。

第5条(法定遵守事項)

1.御社は、旅館業法などの法令を遵守の上、予約者に対し宿泊サービスを提供するものとします。
2.御社は、客室確保義務の不履行により、宿泊サービスの提供できない場合は、一切自己責任において予約者に対し誠実且つ妥当な対応を行い、宿泊サービス提供の不履行にかかる紛争等の解決を図るものとし、当社を予約者との紛争等から一切免責するものとします。
但し、御社から要請があった場合は、当社は予約者に対し真摯に対応するものとするが、その対応に要した費用は御社に請求できるものとします。
3.御社は、オーバーブッキング等のために客室確保が出来なくなった場合は速やかに当社に連絡するものとします。
4.万一、天変地異等止むを得ない事態に陥り、予約者に対し宿泊施設の提供が出来なくなった場合は、自己の責任において直ちに予約者及び当社に対して、その旨の通知をするものとします。

第6条(禁止事項)

1.当社に虚偽の事項を通知すること
2.法令違反に該当する行為をすること
3.公序良俗に違反する行為
4.とまりんのサービスに支障を来たす行為
5.とまりんのシステムを勝手に操作して変更または改ざんすること
6.その他当社が別途定める禁止事項に違反する行為

第7条(宿情報と客室情報の入力)

1.宿泊施設は、宿情報に変更が生じたときは、変更内容の登録を行なわなければなりません。
2.宿泊施設は、客室情報を適宜宿とまりんに登録しなければなりません。

第8条(予約の申込み・キャンセルの管理)

1.宿泊施設は、予約のあった都度、エージェント・ネットエージェント等の販売した部屋の管理を行い、オーバーブッキングしないように管理しなければなりません。
2.宿泊施設は、予約者がとまりん上にて予約に関する変更登録を行なわずに、直接宿泊施設に対して、予約に関する変更の通知を行なった場合には、自己の責任によりとまりんへの変更入力をするとともに、当社に対しても予約の変更内容の通知を行なうものとします。
3.当社は、予約者が事前に何らの連絡なく宿泊当日に宿泊施設を利用しなかった場合には、宿泊施設の定める支払義務に則ったキャンセル料に基づき計算するものとします。
4.宿泊者が予約金を支払い、途中でキャンセルした場合も前項のとおりとします。
5.当社は、予約者が無断キャンセルした場合は、宿泊者に対し損害賠償請求はしないものとします。
尚、宿泊施設が予約者に対し、損害賠償させる場合は、自己の費用をもって行うものとします。

第9条(とまりん利用料)

1.宿泊施設は、予約者が宿泊契約に基づき宿泊施設を利用した場合、宿泊日が終了した時点をもって、宿予約システム内に表示された宿泊料金から消費税分を差し引いた額の2%とします。
2.当社は毎月5日締めにおいて、宿泊費の実績の確認をするものとします。

第10条(契約料)

1.とまりんの予約システムには、以下のとおり3タイプがあり、これを初期費用として1回限り申し受けます。

(1) 予約バナーコース 初期費用 52,500円
(2) サイト構築コース 同   105,000円
(2) WEB構築コース 同   210,000円


2.上記コースの料金の他にサーバー管理料として、月額10,500円申し受けます。
尚、上記(2)(3)のコースを選択された宿泊施設は、撮影のためのカメラマンの派遣・フラッシュの有無などについて要望があれば別途協議の上、これを決定するものとします。

第11条(支払方法)

1.当社は、毎月末日までに前月6日から当月5日までのとまりん利用料の請求書を指定の住所地に発送するものとします。
2.御社は、翌月末日までに前月分の請求分の支払いをするものとします。尚、振込手数料は御社の負担とします。

第12条(ID及びパスワード)

1.当社は、宿泊施設に対して、とまりん利用のために必要なID及びパスワードを発行します。
2.宿泊施設は、前項の規定により発行されたID及びパスワードについて、第三者に知られないように厳重に管理しするものとします。
3.宿泊施設は、自己のID及びパスワードにより、とまりんへのアクセスまたは利用があった時は、これを宿泊施設自身による正当なアクセスまたは利用とみなされることに同意するものとします。
但し、当社の故意または重過失によりID等が第三者に利用された場合はこの限りではありません。

第13条(個人情報)

1.個人情報とは、とまりんによって予約者から開示された情報のことで、これらの個人情報は双方これを適切に扱い、個人情報保護法に基づき管理するものとします。
2.宿泊施設は、個人情報への不正なアクセスまたは個人情報の記載したものの紛失・漏洩に対して最善の安全策を取らなければなりません。
3.個人情報に関する機密漏洩保持義務は、本契約終了後も期間の定めなく有効に存続するものとします。

第14条(契約期間・解除など)

1.本契約期間は、契約日より2年間とします。
本契約満了の日の1ヶ月前までに双方何らの意思表示なければ、更に2年間期間延長します。
2.双方期間中であっても2ヶ月前までに契約解除の予告をすることにより、契約解除することができます。
3.当社は前項に拘らず、宿泊施設及びその母体会社が以下の各号に違反したときは、即時契約解除できるものとし、とまりんの予約システムを停止し、ID及びパスワードの使用を停止します。

(1) 本約款の規定に違反したとき
(2) 当社の信用を破壊したとき
(3) 差押、仮差押、仮処分など法的処分を受けたとき
(4) 手形・小切手の不渡処分を受けたとき
(5) 営業を停止したとき
(6) その他本契約を維持することができないと当社が判断したとき

第15条(使用許諾)

1.とまりんに関する著作権その他知的財産権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます)は、全て当社に帰属します。
2.当社は、とまりんについて、当社の裁量により、その仕様を変更し、バージョンアップすることができるものとします。
3.宿泊施設は、とまりん又はこれに関連するファイル若しくは資料を改ざんまたは複製してはなりません。

第16条(とまりんの一時的な停止)

当社は、次の各号に該当する場合には、宿泊施設に事前に通知することなく、とまりんの一時的な運営を停止することがあります。

1.とまりんの保守または仕様変更を行なうとき
2.天変地異、その他非常事態が発生し、または発生する虞があるとり、とまりんの運営ができなくなったとき
3.当社が、止むを得ない事由によりとまりんの運営上一時的な停止が必要と判断した場合

第17条(当社の免責)

1.とまりんはあくまで、宿泊予約システムであって、宿泊予約者との宿泊契約及びには何ら当社が負担する責任はないものとします。
2.当社は、前条の条項においても一切の担保は負わないものとします。

第18条(規約の変更)

1.当社は、本規約の変更を行なう時は、原則として更新時にするものとし、もし契約期間内において変更する場合は、事前に書面にて宿泊施設に通知して、双方合意の上にするものとします。
2.もし、仮に宿泊施設から合意を求めることができない時は、当社が変更を求めた翌日に遡って、本契約が終了したものとします。

第19条(合意管轄)

本契約に関して紛争が生じたときは、名古屋地方裁判所を第一審の合意管轄とします。

第20条(条項の独立性)

本規約の一部の効力が裁判所により否定されたとしても、本規約に定めた条項に則って履行した行為には何ら影響を及ぼさないものとします。

第21条(その他)

本規約に定めのない事項または本規約の条項に疑義が生じた時は、双方誠心誠意をもって協議して解決するものとします。

2010年7月